皮膚と骨

 

若手作家5人による展覧会を開催いたします。 会場では、フロッタージュという技法で描かれた塩井一孝のドローイングを「皮膚」、他4人の作品を「骨」に例え、作家同士の技術や対話を通して「皮膚」と「骨」を一体化させた作品を発表いたします。
 
和紙を素材に用いたドローイングを鉄や木材、革、セラミック、植物といった素材と融合させた作品は、機能性と耐久性を兼ね備える為に地道な実験と検証を積み重ねました。
 
ドローイングの中に込められた「自分の中の自然を表現したい」という思いを拡張させながら、創造の新たな有り様を模索している私たちの試みを、作品を手に取り感じていただけましたら幸いです。

 

※フロッタージュ=Froutage

木や石などの凸凹面に紙を押しあて、その上を鉛筆などで擦り テクスチャーの形状を紙面に映し取る技法。

【期日】
2013年12月7日ー12月22日
ギャラリーモリタ/福岡県福岡市中央区赤坂3丁目9-28ロフティ2F
Tel:092-716-1032
[www.g-morita.com]

 

hifu to hone

This exhibition presents four young designers and an artist.
The artist Kazutaka SHIOI has collaborated with four designers to create an exhibition that compares Kazutaka’s collection of frottage called “skin(hifu)” to a collection of work by four designers called “bone(hone)”.
The collaboration explores ways to combine the materials that the designers use such as iron, wood, leather and ceramic with Kazutaka’s washi paper based frottage to create new work that has functionality and durability.
Through frottage, Kazutaka attempts to express the feeling of “nature in oneself”. He collaborated with the designers to look for new ways to express the same idea.
They hope that you will have a similar feeling when holding the work.

 

※Frottage
A mark-making technique that exploits rubbings to render the surface texture of an object onto paper.

【Date】
Dec.7.2013 - Dec.22.2013
Gallery MORYTA/Lofty Akasaka 2F, 9-28, Akasaka 3-chome, Chuo-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka, JAPAN
Tel:+8192-716-1032
[www.g-morita.com]

© 2013 hifu to hone

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now
フロッタージュ製作過程|Frottage Process

五ヶ瀬町(宮崎県)|Gokase-cho Miyazaki, Japan